Home/Blog/2006/01

「顔のお部屋」閉鎖

これまで運営していた旧サイトを閉鎖しました。かれこれ4年9ヶ月。改めて数字にすると随分長い期間にも思われますが、実感としては本当にあっという間でした。

サイトを開設した当初の事は、昨日の事のように思い出せます。素材を公開したつもりが全てローカルの画像にリンクしていて、画像が表示されないのをご指摘いただいて慌てて直したり、圧縮ファイルの作成方法も知らなかったり。画像さえ置いとけばいいやってんでサイトのデザインなどは全くお構いなし、アドバイスをいただいて初めてサイトデザインの持つ意味を知った、なんて調子でした。でもそれだけに日々新しい体験の連続で、それこそ猛烈に楽しかった記憶があります。

また、掲示板やらメールやらを見返してみると沢山の名前が目に入ってきます。一度きりのやり取りだった方や、かつて交流があったものの現在どうなさっているのか、元気にされているのかどうかも分からない方も大勢いますが、これだけの見知らぬ方々と一時なりとも関わってきたんだと思うと感慨深いものがあります。顔のお部屋が無ければ恐らく何の接点も無かったわけで、それだけにもっと丁寧な応対をすれば良かったとか、もっと色々話してみるんだったとか、悔やまれる事も少なくありません。

ともあれ、この1月より当サイトを立ち上げ、旧サイトを本日閉鎖しました。旧サイトを始めた当時は現在のような状況に身を置く事など想像だにしませんでしたが、それが月日の流れというものなのでしょう。これから先ももちろん予測は出来ませんし、きっと凹む事も多々あるのでしょうが、亀のようにスローペースででも着実に前に進んでいきたいと思っています。

モーツァルト

060127.jpg

今年はモーツァルトの生誕250周年、今日がその誕生日だそうですね。最近モーツァルトのCDがかなり売れているようですが、じっくり鑑賞するも良し、BGMとして気軽に聴くのも良し、どちらでもいけてしまうのが彼の音楽の凄いところだと、個人的には思ってます。

モーツァルトの人物像というと映画『アマデウス』が思い浮かびます。ただキャラクターは強烈でしたけど、どんな顔だったかと言われるとちょっと思い出せません。なぜか『ロードオブザリング』のピピンの顔が浮かんできました・・・って事でそんな感じのモーツァルト。この顔が音楽室にあったらかなり嫌。

『ドラゴンハート』を

060123.jpg

観ました。若い王に失望して城を去った騎士が、敵として追っていたドラゴンと手を組み、いつしか友情が芽生え・・・てなお話。あまり期待はしていなかったのですが、思いの他楽しめました。

この作品でのドラゴンは単なる恐ろしい怪物ではなくて、高い知能を持つ生命体としての側面がクローズアップされています。威厳を見せるかと思えば、時にコミカルな仕草もあったりと、かなり人間くささを感じさせるキャラクターです。声を当てているのはショーン・コネリーだそうですけど、私には聞かなきゃわからんという感じでした。

ルックス面では割とずんぐり系というか、昔図鑑で見たアンキロサウルスを思い浮かべました。とは言え充分ドラゴンらしく見えますし、映像的にも、そう新しい映画ではないのに良く出来ていたと思います。少なくとも『ダンジョン&ドラゴン』よりはずっと上ではないかと。

上の絵は映画のポスターチックに。描いておいて何ですけど、こういう映画ではないような・・・一昔前の怪獣映画みたい。

Geraint and Enid 3

「ジェレイントとエニド」の3作目をアップしました。ジェレイント渾身の一撃にハイタカの騎士が思わずのけぞって落馬する、まさにその瞬間を描いています。

以下、蛇足。

More...

Linkを更新

放たらかしになっていたリンクを一部整備しました。もっぱら前サイトでリンクさせていただいていたサイト様です。凄まじく素っ気無いコメントですみません。コメントというやつがどうにも苦手で極力主観を排した解説にしようと思ったらこんな有様で、これではそもそも書く必要があるのかどうかも疑問ですが、書かないとスペース空いてしまうしなあ~。てな具合でいつまでたっても更新出来なくなるような気がしてきたのでえいやっと更新してしまいました。ご報告もしておりませんが何卒ご容赦ください。

小さいマウス

060119.jpg

マウスを買ってきました。

以前間違えてひと回り小さなマウスを買ってしまい、しばらく我慢して使って来たんですが、指先だけで支えているような格好になってしまうんです。近頃は長時間使用していると手の平がつりそうな状態になってしまい、こりゃいかんという事で買い替えを決意。

マウスって案外人によって好みが分かれる物かもしれませんね。クリックする時のカチカチッという感触やホイールを回す時のクリクリッていう感覚など、使い慣れたものから変えると結構な違和感があります。まあ私が買うのはどうせ一番安いやつと決まっているんですが。

ついでにマウスパッドなども物色。まあ随分凝った商品が出ているんですね。手首の下になる部分に低反発素材のマットが付いてるやつとか。試してみたい気もしたのですけど、あまり大きなものになると今度は邪魔になるしなあ・・・てな訳で結局これまた一番安いマウスパッドを買ってきたのでした。所詮消耗品だしね。

ウマー

060112.jpg

馬を描くのに手頃な資料が無かったので、競馬雑誌を買ってみようと思い立ちました。ちなみに競馬はやりません。書店に行くとそれらしきものが数種類あったんですが、競馬雑誌って随分高いのね。とりあえず一番安いものを購入。

ところが参考になりそうな写真が無い。どうもお馬さんの写真には定番のポーズみたいなもんがあるようですね。まあ、そのうち役に立つこともあるでしょう。

九十四

今朝、ニュースの1コーナーで熊田千佳慕(くまだちかぼ)さんという画家がとりあげられていました。「ファーブル昆虫記」の絵本などを手がけられている方だそうで、御年94歳にして今なお現役。曰く、

5日より先の事は考えない、5日間全力で仕事をして、無事終えたならもう5日間延長する。90歳を超えてからはそのようにやっている、と。

いや凄い。話し振りもかくしゃくとしたもので、またその表情が実に生き生きしています。細密画のように緻密な画風で「筆の毛先3本だけ使って描く」ような集中を要する仕事を毎晩遅くまで続けられているそうなんですが、曰く、

同じものを描くのでも、その度に違った発見がある。好奇心が尽きることはありません、と。

いや本当に凄い。願わくば私も、末長く新鮮な気持ちで絵を描き続けたいものだと思いました。94歳まで生きるのは無理だとしても。

お掃除

年末大掃除が出来なかった(しなかった)ので、今頃大掃除。頑張ってエアコンのフィルタまで綺麗にしたら、凄まじく効きが良くなりました。これまでなかなか効いてこなくて寒い思いをしていたのですけど、同じ温度設定だと暑いくらい。これはいい仕事をしたと、一人悦に入ってました。

しばらくエアコンの掃除をしてない方は是非・・・って普通はしてるのか。

画像をマージンなしの別ウィンドウで開く

サンプル

JavaScriptで開く別ウィンドウは、個人的には使い過ぎさえしなければ大変便利なものだと思っています。

画像のポップアップ表示もよく使われるものの一つでしょう。しかし直接画像ファイルを開くと、ブラウザのデフォルトのマージンだかパディングだかが適用されて余白が生じてしまいます。その分ウィンドウのサイズを大きめにすれば済むことですが、画像サイズぴったりのウィンドウを開きたい場合にはちと困りもの。

当サイト「Illustration」の画像は、個々に専用のhtmlファイルを用意しています。それならスタイルシートでマージン・パディングを無効にするだけの話。でも、らくがき程度のものにわざわざhtmlを用意するのはちょっと面倒です。

で、あちこち必死こいて調べながら辿り着いたのが以下の方法。DOMとやらでファイルを書き換える方法にも挑戦してみたのですが、うまく別ウィンドウに引数を渡すことが出来ずに断念。

More...