Home/Blog/

マンションの廊下の手摺りに、一羽の鳩が留まっていました。一時間余りのち、まだそこに留まっていました。ちょっとほっそりしていて、両足首には緑の足輪。別に怪我をしているようでもなく、こちらを恐がる風もなく。台風をしのぐためとか?そんな事もあるまいしなあ。

野の花

見たいものがあって佐倉の歴史民俗博物館へ。往路2時間10分、復路2時間弱。北総鉄道沿いの最近出来たと思しきバイパスが、ひたすら真っ直ぐ伸びていてやたらと快適でした。

道中そこここに鮮やかな黄色い花が咲いていて、気になったので後から図鑑とネットで調べてみると、どうやらオオキンケイギクという花っぽい。何だろう~と思った事が調べてみて分かるというのは、ちょっとした事でも嬉しいものです。もし間違ってたら悲しいですけど^^;

品川歴史館

120601.jpg

打合せに出たついでに品川歴史館に行ってきました。江戸時代の品川宿を再現した模型などがあります。これがなかなかよく出来てる。時間をかけて見るような規模ではありませんが、入館料も100円と安いので何かの折にちょっと寄ってみるのもよいでしょう。

『日本橋~描かれたランドマークの400年~』

江戸東京博物館にて、7/16(月)まで。江戸時代を中心に、昭和にいたるまでの日本橋の姿を絵画や写真等で追う展覧会です。

思った以上に多彩な展示でなかなか面白い内容でした。特に印象に残ったのは川瀬巴水という版画家の作品。風景の輪郭をつかむセンスと色使いが凄くいい。ショップに画集があるので見てみるとこれがまたとても良い。買っちゃおうか迷ったのですけど、6,000円という値段に負けて断念。

1年前に図書館で借りて読んだ本をまた読んでしまいました。読み終わってから気付いた。

『酒の伝説 (Trtuh In Fantasy 88)』

『酒の伝説 (Trtuh In Fantasy 88)』よりディオニュソスとサテュロス

新紀元社さまより発売された『酒の伝説 (Trtuh In Fantasy 88)』においてモノクロイラストを15点描かせていただきました。古今東西の酒にまつわる伝説や逸話を紹介した本です。

本書で描いたイラストから1点アップしました。

酒の伝説 (Trtuh In Fantasy 88)

『酒の伝説 (Trtuh In Fantasy 88)』
朱鷺田祐介著/新紀元社

習作

習作

瓦の処理がなー

『図解 古代ローマ人の日常生活 (洋泉社MOOK)』

『図解 古代ローマ人の日常生活 』よりローマ街道工事

洋泉社さまより発売された『図解 古代ローマ人の日常生活 』においてカラーイラストを20点あまり描かせていただきました。古代ローマの、特に人々の暮らしをテーマとした本です。

本書で描いたイラストのうち4点をアップしました。

図解 古代ローマ人の日常生活 (洋泉社MOOK)

『図解 古代ローマ人の日常生活 (洋泉社MOOK)』
洋泉社

『フェルメールからのラブレター展』

120226.jpg

Bunkamura ザ・ミュージアムにて、3/14(水)まで。フェルメールの『手紙を読む青衣の女』『手紙を書く女』『手紙を書く女と召使い』という3作品が同時に観られます。

どれも良かったのですけど、私は特に『手紙を書く女』が好きです。眼差しが良い。他に同時代の画家の作品も展示されているのですけど、オマケと言っては何ですが印象に残るものは無かったなあ。でもフェルメールだけの為に行く価値は十二分にあると思います。

『クイズプレゼンバラエティーQさま!!』

2/13放送のテレビ朝日『クイズプレゼンバラエティーQさま!!』にて、『週間江戸』第15号で描いた渋川春海のイラストが使用されました。